ニュートン算1

ニュートン算の基本的な問題です。

ニュートン算とは、ある量が一方では増え、また一方では減っていくような状況のとき、その物の数量を求めたり、はじめの数量を求める問題です。

ニュートン算には

  • トイレに並んでいるときに、トイレの列が減る一方で、さらに列が増えていく状態。
  • 牧場で牛が草を食べる一方で、草が生えてくる状態。
  • 池のポンプで水をくみ出す一方で、水がわき出る状態。

などの状況があります。

解き方は線分図やグラフに表す方法があります。

このプリントでは、牛が牧草を食べる解き方のパターンで解いていく方法のプリントです。いろいろな問題を解いていく中で、自分がやりやすい方法を身につけてください。

例)ある牧場で、牛を6頭入れると、6日間で食べつくす草が生えています。8頭を放牧すると4日間で食べつくします。5頭の牛を入れると何日で食べつくしますか。、草は毎日一定の割合で生えるものとし、またどの牛も1日で食べる草の量は同じであるとします

牛1頭が1日に食べる牧草の量を1とします。

牛6頭が6日で食べる牧草の量は、6頭×6日=36

牛8頭が4日で食べる牧草の量は、8頭×4日=32

この牧場で1日に増える牧草の量は、

(3632)÷(6日-4日)=4÷2日=2

最初に生えていた牧草の量は、

362×6日=24

牛5頭を入れることにより、1日で減らす量は

5-23

牛5頭が食べた場合に食べつくすまでの日数は、

24÷3=8日

練習問題をダウンロードする

画像をクリックするとPDFファイルをダウンロード出来ます。

問題は追加する予定です。

ニュートン算の基本

newtonkihon2のサムネイル newtonkihon1のサムネイル

ニュートン算の練習問題

newtonmondai1のサムネイル

 

 

中学受験に対応した通信講座




Z会小学生向けコース。学年別「おためし教材」さしあげます!

(Visited 92 times, 1 visits today)