場合の数の中の道順が何通りあるかを求める問題です。

やり方が分かっていれば、解きやすい問題です。

基本的なことを理解して、確実に出来るようにしましょう。

道順の考え方

考え方を問われる問題も良く出題されるので、考え方からしっかり理解するようにして下さい。

下の図で、線をたどってAからBまで行く最短距離を考えます。

Bまで行く方法は 1+1=2通り になります。

今度は次の図を考えます。

最初の角まで行くのが 1+1=2通り

次にBの角まで行くのが 2+1=3通りになります。

よってAからBまでの行き方は 3通りになります。

 

下の図でAからBまでの行き方は下のように計算できます;

AからBの行き方は10通り

 

途中で通る道が決まっている場合

 

下の図で、AからBを通ってCまで行くときの最短距離を求める

AからBまでとBからCまでの最短距離をそれぞれ求めると

AからBまで 6通り

BからCまで 3通り

よってAからCまでは 6×3=18通り

練習問題をダウンロードする

画像をクリックするとPDFファイルをダウンロード出来ます。

問題は追加する予定です。

 

mitijyun1_1のサムネイルmitijyun1_2のサムネイル

 

らくらく算数 場合の数 (2週間でつかめる受験算数のコツ)

新品価格
¥842から
(2018/8/10 23:19時点)

(Visited 178 times, 1 visits today)