場合の数の順序を考えに入れた並べ方(順列)の問題です。

もれや重なりのないよう、順序よく図に表した樹形図を書いて考えます。

例)A,B,C,Dの4枚のカードを1列に並べる

下のような図を書いて考えます。

Aが1番目の図を書いたら、B,C,Dも同じようになると考えて次の計算式で求めましょう。

4×3×2×1=24  24通り

例)

の4枚のカードを使って3けたの整数を作る。

100のくらいの数は0にならないことに注意して図を書きましょう。

3×3×2=18  18通り

上の3けたの整数の中から偶数になるのは何通りか。

偶数だから1の位が0になる。

1の位の数を先頭になるように書いたり、逆から書いたりして工夫して樹形図を書いてみてください。

6+4=10   10通り

 

複雑な問題になると問題の読み取りが必要になります。

問題文をよく読んで、樹形図を書けるようにしていきましょう。

練習問題をダウンロードする

画像をクリックするとPDFファイルをダウンロードできます。

問題は追加する予定です。

 

narabekata1_1のサムネイルnarabekata1_2のサムネイル

 

(Visited 213 times, 2 visits today)